BLOG 新潟 刺青

おばんです。

今日は15日狩猟解禁目前のため銃砲店にて実包(散弾銃の弾)をゲットしてきました。

野生のお肉は家畜(牛、豚、鶏など)のお肉と違って滋養がつくんでしょうかね?

去年から猟をしていた期間は風邪を一度もひきませんでしたよ。

ジビエの料理を出すお店は新潟でもまだまだ少ないですから

気軽に食べられるようなお店が出来るといいですね。

僕が出したいくらいですけどねw

 

ということで

タイトルの次にグーグルが予測するキーワードってなんだかわかります?

僕が調べた限りでは『除去』でした。

これ、僕は施術する側なんでアレですけど

たまに消せるか?というようなご質問を頂きますし、TV番組でも実際レーザーなどで消した方が出演して、

コメンテーターがタトゥーに関して賛否を感情たっぷりにアーギュメントされてる(かなり悪意を感じますw)わけでして

除去だけでなくタトゥーに対する世間の感心は低くは無いようですよね。

タトゥーを入れることについては、まぁ、、

文が長くなると思うのでここでは一言。

個人の自由w

 

さて、『除去』について。

実際タトゥーを消すとなると

精神的、肉体的かつ金銭的にも莫大な負担がかかるわけですが

ちなみにCMでもお馴染みの某有名美容クリニックではこんな感じ。

レーザー除去1cm×1cm¥10.500-、線1cm¥10.500-

切除縫縮 1cm¥26.250-

剥削(表面の皮膚を削る)ハガキ大 ¥525.000-

皮膚移植 ハガキ大 ¥630.000-

レーザーに関しては色の濃いものはきれいに消すことが出来ず、赤、黄、緑などは反応しないそうです。

僕は今の自分を肯定するタイプなんで除去なんて考えたことありません。

今の自分を創ったのが過去であるならば過去の自分の行いも肯定するべきだと思ってしまうので。えへ。

だから僕から一言。

タトゥーを除去するのも個人の自由。

色々な考えがあってよろしいですし、

消したいと思う気持ちもその人の自由ですからね。

あってはならないのは彫師の技術不足によって作品がそもそも気に入らないという理由で

除去に至るケースでしょうか。。

そうならないようにしっかりしたカウンセリングと日々の弛まぬ技術向上は大切にしなければなりません。

 

でもこんなケースもありますよね?

作品(刺青)は気に入っているんだけど

家族で温泉に行きたい。とか冠婚葬祭で周囲の目が気になる。とか社内の健康診断とかいった理由で

周囲と上手く付き合うには隠したほうがいい場合、どうしても一時的に隠したい時。

そんな時は

当スタジオにご相談ください。

ご好評いただいてます

タトゥーのみならず、火傷やあざなども簡単に隠せる製品ありますよ^^

専用の薄め液を筆に取りこのパレットから適量を筆になじませ直接肌に塗っていきます。

乾かした後はベビーパウダーを軽くはたいて完成。

アルコール系の顔料で敏感肌の人にも安心ですし

乾燥後は個人差がありますが防水で2.3日は保持できます。

このタイプでこぶし大4.5つカバーできます。

肌に合った色も各種取り揃えていますので一度カウンセリング後購入されることをお勧めします。

あれやこれや揃えるのが面倒な方にもセット販売しておりますのでお気軽にご相談ください^^

 

また、スタジオにて施工することも可能ですし

エアブラシに同じタイプのインクベースを入れ

大きな作品のカバーも対応してます^^

 

ここまで来るといったい何屋さんなんだい?!と突込みが入りそうですが

刺青が好きな彫師と美容師がいるお店です(はっきり)

せっかく苦労して入れた作品を除去される理由は色々ありますが

僕個人の意見は

刺青を消さずにすむのであれば

あるいは一時的にその悩みが解消されるのであれば、お手伝いしたいです^^

個人の自由といいましたが

自由て今の社会では重たい責任も伴うわけで

日本の現状から鑑みると刺青を入れる行為は入れていない人よりその責任が高くつきますし

また不都合なこともいっぱいありますから、

刺青保持者のサポートが出来ればあたくしは満足なわけです^^

 

上記製品の詳細や料金などのご質問に関しましては

horizo@steelbarrow.comまでよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>