BLOG 昨日の作品

お久しぶりでございます。

心身をリフレッシュするため少しお休みを頂いておりました。

祐造です^^

さて、昨日の作品!w

 

 

 

以上!w

 

 

BLOG ステップアップカード!

 

カレーやボボさんところでお馴染みのステップアップカード僕達のお店にも導入することになりました!

近日中にサービスを開始します。お楽しみに^^

ボボさんのお客様ならご存知の方も多いですけど、このカードはポイントを貯めるとカードのランクが

どんどんレベルアップしていく仕組みになってますw

カードの種類に応じたサービスをお客様に提供することで常連様をどんどんえこひいきさせて頂くシステム^^

注)このカードのシステムは特許申請されてます。

 

GOLDカードのポイントを期間内に貯めていただくと

更にプラチナカードにレベルアップしますよ^^

プラチナカード会員様の特典はもう、むふふw

まだ出来たてのスタジオなので、ポイントをどんどん貯めて他のお客様より先に

どんどんえこひいきされに来てくださいw

 

 

 

 

BLOG 白い制服はトレードマーク

 

来店された方は良くご存知だと思いますが(ブログ見ててもわかりますw)

僕達の制服は胸元に店の名前が刺繍された白いBDシャツです。

オープンして4ヶ月近くもなるとさすがに洗濯しても落ちない汚れが目立ってきました^^

スタッフからも汚れが目立つから白じゃなくて黒がいいといわれ、、

お客さんからは何屋なの?と突っ込まれ、、(理髪店のイメージが強いのかな。。)

昨日は夜遅くまでお店に僕と昂が残ってたんですけど

不覚にも僕自身もふと、昂の制服姿を見たらブッチャーに見えてしまいました^^

シャツ代えるという意見にちょっとグラついたんですけどね、

でも思ったんすよね。インクとかカラー剤がシャツにこびりついてても

清潔にしてれば逆にかっこいいんじゃないかって。

スタッフはそんなこと無いんですけど

お店の業務内容にtattooがある以上

知らないお客さんにとっては少し近寄りがたいとか、

入りずらいというようなイメージ持たれがちなんで、

なんで白シャツ?wて突っ込みどころがあったほうがいいですし、

それに黒シャツって普通すぎじゃねすか。。

今制服に使用しているのはプリントスターなんで体が大きければ似合いますけど

うちのスタッフはかろうじて標準的な日本人の体系が多いので^^

だから無印とかね、

日本人の体系にあったシャツだったらパリッとして

見た目も素敵に映るはずです^^

人の意見に耳は傾けるようにしていますが

既に愛着のわいた白シャツ。

こればかりはゆずれないのだ!

 

あ、話し飛びますけど

これらの画像、僕の中では最近の大ヒット!

このよさがわかれば白シャツも受け入れられるはずですw

 

http://www.dailynewsagency.com/2012/02/24/fascinating-photos-of-congolese-wrestlers/

 

 

 

BLOG 月一の。。

ホームページのTop画像を差し替えるわけですが

早くもめげてしまいそうな予感が!←昂風w

ん~。

やることがてんこ盛りで

脳みそだけが僕の頭の上をふわふわ浮いているような状態であります。

うわ。気持ち悪い!

さて、1月の画像は構成の段階からあまりにも出来が良かったんで

ついついフライヤーにも使ったわけですけど、

全体的なテーマみたいなものがあってですね、

女性がモデルであることと相反するものを主張させながら

一つの画面に落とし込むことなのです。

ここでなぜ女性がモデルなのかというと

祐造君が女好きだからというおちはございませんw

社会の中で一番弱い立場にあるのは女性ですわね。

逆も言えるわけですけど、男性にも少しくらい女性的な部分は持っているわけで、

要するに人間の内面を表現するのに初めから強さとか美しさを備えているのは

振り幅がなくて面白くないわけです。

だからちょっぴり崩れている方がセクシーだし魅力を感じるのです。

あ!

なんでもないですw(というか話が若干それましたけど。。)

例えば1月の画像だと

階段はキャリアがイメージに近いですかね。錆びついた感じも不安定さを醸し出してて

雰囲気としては非常に良いです^^

階段を登っていく女性と降りていく、あるいは途中で登るのをやめた女性は

心の葛藤ですかね。

資本主義なんでね、お金をもうけることは善なわけです。

でも金融危機、格差や失業の問題と資本主義であるが故の

閉塞感てあるわけでしょ。

だからって今さら社会主義への回帰論は出てこないわけで、

責任とか倫理。それから持続可能性とかね。

こういうキーワードが新しい資本主義のモデルなんだと。

完全に西側だけの問題意識で新興国には関係ないですけどw

日本もどちらかといえば西側なわけで

必ずしもお金儲けが善というような単純な構造ではないのだけど~。。ブツブツww

ふうぃ~。余計な話が長いw

つまり

繁栄と危うさ。

信仰と懐疑心。

安直な言葉ですけど。。そんなイメージw

というわけで

 

。。なに?w

単純なことを難しくこねくり回して解ったような解らないような画像にすることが

ぼくの仕事なんです。はい。w

真面目な話にすると

僕たちが創る画像を通して

技術屋とか職人だからこその

アイディアの振り幅って必要で、その振り幅が大きければ大きいほど

お客さんの要望に対応することが可能なわけだから。

時代や人の気分は絶えず流れていくわけで、そこに流されるというよりは

流れ作っちまいました^^ってのが面白いわけですけど。

かなりの孤独と疎外感w

そんなことも全部含めてお客さんとお店のイメージを共有できたらいいですかね^^

がんばろ。。

BLOG 下絵製作

麒麟と菊。

線画なんでちょっと解りづらいw

あと龍の7分の額描きました。

割とオーダーされる率の高い絵なんでそれほど時間はかかりません。

龍は特に同じオーダーされる方が多いわけですが

各々のお客さんに合わせて描いてるつもりでも

結局のところ龍は龍なわけで

全体の動きや細部を変えていくことに意識が集中します^^

自分の脳にもっと刺激を与えるには

ビートたけしのような龍のようにもっと劇的に変えてみたい願望もあるけど

刺青にするにはちょっとリスク高いですかねw

というわけでへんてこな絵を施術したい方大歓迎ですw