THEME: Hunting

BLOG アウトフィッター

仕事の話ばかりじゃアレなんで

趣味のことでも、、

バイクとか音楽鑑賞とか酒とか読書とかキャンプとか

色々多趣味な方ですが

基本的には外で何かやりたがるんですよ。

アウトドア派なんて言い方しますが

そこはもう少し踏み込んで

アウトフィッターと自称しております。

そう呼ばれるにはまだまだ未熟者ですが

何回かブログで書いてますが

狩猟のシーズンに入りまして

今年もはまっております。

初猟は1羽のカルガモ。

画像はありますが出せません。

羽をむしった後、慌ててとったので。。汗

二日目は

カルガモ2羽

マガモ1羽

鴨の胸肉のローストをベリーソースで。(レストラン風)

これ、嫁さんの大好物です。

僕はお外で鴨肉にガーリックパウダーと塩コショウをふって炭火でネギと一緒に焼いて食う。

これが一番美味しくいただく方法だと思ってます。

猟をしてよい時間は日の出、日の入りと決まっているので

さっと行ってお昼前には戻ってくると

嫁さんに叱られずにすみますw

ですので昨日も今日も

行かせて頂きましたw

鴨はまだ冷蔵庫にお肉がありますので

雉を追っかけに。

猟犬がいないので

雪が降って積もらないとなかなか捕獲するには難しいですが

雉が多く生息するつき場を知っているので

1羽ぐらい捕れるかと思い挑戦してますが

やはり難しいです。

昨日も今日もフラッシュ(雉が藪から飛ぶ)してはくれましたが

惜しくも打ち落とせませんでした。。

雉は普段、日が昇ってまもなく食事を済ませてねぐらに戻ってしまいます。

しかしながら雨が降る日はのんびりお昼頃まで餌場で食事しているんですね。

明日も雨が降る予報なので

雉君、のんびり餌場で昼までご飯食べていることでしょう。

どうでもいい話。

 

狩猟に対する世間の評価はまぁこの際どーでもよいのです。

否定される方も居られると思いますが

ただ、狩猟やるようになって

自然の生き物との距離がこれだけ短く感じたことがないんですよ。

捕るためにその生き物の習性を勉強しなきゃいけないし、

何を食べているか内蔵の中身まで調べてみたり、周辺の環境の変化(護岸工事や森林伐採など)や温暖化の影響で

例年より取れる数が減ってきている(特に鴨)ことから自然環境にも考えが及ぶようになりましたし、

当然のことながら

殺生をしたことで複雑な気持ちにもなります。

頂いた命に感謝する。

この普段生き物を頂いている当事者ならば持つべき当たり前の意識って

消費社会では感じづらくなってると思われるわけでして、

手を合わせることに感謝し、そして供養の気持ちも加わった気がします。

 

来月、家族と友人や先輩方で

雪が降る中

ティピテントで暖を取ってジビエ料理でキャンプ。

これだけは今年中にやりたいす!

 

それからカレー屋VOVOも今月の

23日でめでたく7周年を迎えることになりまして

スタッフたけちゃんも主役にするべく

休日にもかかわらず

一生懸命練習に励んでおられます。

ユカリ嬢^^

素晴らしい!

あ、そんなユカリちゃんも明日でめでたく誕生日を迎えることになりましたよ!

歳は、、

まぁいっかw

 

明日は鴨鍋でもしようか!