タトゥーについて知っておいて貰いたいこと

人間は大地から芽吹いて自然に育つわけじゃありません。
人間の作り上げた部族、家族、社会のシステムの中で育つわけです。
つまり人間によって創り上げられるわけです。
その守られて育ってきたシステムの中から成人を迎えると大人の社会に裸で飛び込まなくてはならない。
今まで積み上げてきた与えられた環境を総て崩し、ゼロからはじめるわけです。
成人を向かえるときに新たな責任感と精神力が必要になるわけです。
通過儀礼には、割礼や抜歯、刺青など身体的苦痛を伴う、場合によっては死んでしまうようなものがほとんどです。
身体的苦痛を伴う=自ら死を覚悟する。
死を覚悟することで生きていることに感謝するわけです。
その痛みに耐え抜くことで自信と誇りを得るわけです。
物が溢れる現代社会にTATTOOが流行るのは単にオシャレというだけではなく精神的な結びつきも強いのではないかと僕たちは考えています。

▲このページのTOPへ

TATTOOを入れるまでの流れ

1.打ち合わせの日程を決めます。

  • 来店したい日取りを決めたら事前にメールかお電話で打ち合わせをしたい事をお伝えください。
    (急なご来店も大歓迎です。)
▲このページのTOPへ

2.資料や作品集を参考にデザインを決めます。

  • スタジオにある参考資料、アーティストの作品集などを基に自分が入れたいデザインのイメージと入れてもらいたいアーティストを伝えていただきます。(もちろんデザインの持ち込みもOKです。)
  • 遠方で打ち合わせにこれない場合はメール、お電話でお伝え下さい。現金書留か、指定の銀行口座に予約金¥5,000を送金していただきます。送金確認後、メールか電話でデザインの打ち合わせをしていきます。
▲このページのTOPへ

3.身分証明書と契約書にサインをしていただきます。

  • デザイン、アーティストが決まりましたらID(身分証明書)の確認をさせて頂きます。
  • 契約書にサインしていただきます。(重要事項が書いてますのでしっかりチェックしましょう!)
  • Desaign Charge(針、インク、デザイン料)を予約金としていただきます。(デザインによっては料金が変わりますのでご確認ください。また、Little point tattooの場合Design chageは掛かりません。)
  • 予約の日時を決めます。
▲このページのTOPへ

4.下絵を転写、ラインを入れていきます。

  • 打ち合わせで決めたイメージを元に下絵を作成していきます。
  • デザインの確認をしたい場合は、再度ご来店いただくか、 写メール等で確認していただきます。
  • 予約当日は充分な食事と睡眠をとって来て頂きます。
  • 体調が優れない場合は遠慮なくお申し付けください。
    (医師の処方を受けている方も合わせてお申し付けください。)
  • デザインを入れたい場所に転写します。
  • タトゥーマシーンでライン(すじ彫り)からインクを入れていきます。
▲このページのTOPへ

5.完成です!仕上がりを確認していただきます。

  • お疲れさまでした!鏡で仕上がりの確認をしていただきます。
▲このページのTOPへ

6.施術後のケア。患部を保護します。

  • デザインの大きさによってケアの仕方は異なりますが画像の場合は軟膏を薄く塗り、ポリウレタンフィルム・ドレッシング材で患部を保護します。
  • インク・インクカップ、バリアーしていたビニールやラップなどは全て使い捨てます。
▲このページのTOPへ

衛生面について

当スタジオでは、針・インク・インクカップ・グローブ・ベッドシーツ・手に触れる器具をバリアーしたラップやビニール等、すべて使い捨てです。
針を固定するチューブ・グリップ・ニードルバーはウルトラソニッククリーナー(超音波洗浄装置)で洗浄後、オートクレーブ(医療用高温高圧滅菌器)を使用し、滅菌した後、紫外線消毒器で管理・保管しています。

▲このページのTOPへ

よくある質問と回答

Q.彫った場所は汗をかいたり毛が生えたりしますか?また、皮膚呼吸は出来ますか?

A.皮膚組織をそこまで破壊しませんのでその心配はありません。

Q.COLORは痛いですか?

A.黒色もCOLORも痛みの度合いは変わりません。

Q.和彫りと洋彫りの違いは?

A.厳密な線引きは難しいと思いますが体の大きな範囲を使って“型”の中で表現するのが日本の伝統刺青だと解釈しています。

Q.手彫りとマシン彫りの違いは?

A.手彫りで使用する針径の方がマシンで使用する針よりも大きいぶん、刺した時の針目が大きいので点画のような
独特の雰囲気があり、後で綺麗に滲んできます。(マシンに比べて作業スピードは遅いです。)

Q.手彫りは出来ますか?

A.出来ます。普段はしませんが、要望があればします。

Q.どのくらいで完治しますか?

A.一般的には1週間前後で完治しますがケアの仕方など、個人差はあります。

Q.何処が痛いですか?どんな痛みですか?

A.その日の体調、個人差があるので一概に言えません。痛みは脱毛のレーザー治療、低周波の電気刺激に似ています。

Q.日焼けサロンはいけますか?

A.完治した後でしたら問題はありませんがTATTOOを長持ちさせたい場合はお勧めしません。

Q.長時間掛かる大きな作品は定期的に通わなければ仕上げていただけませんか?

A.定期的に進めた方が効率は良いですが不定期でも全く問題ありません。お客様の都合の良い時に作品を仕上げていきます。

Q.他でライン(筋彫り)を入れたのですがその続きをしていただくことは出来ますか?

A.途中からでも大丈夫です。その際、必ず一度ご来店いただいて綿密な打ち合わせをさせて頂きます。

▲このページのTOPへ